読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あすかの暮らし絵

毎日をしくみ化して、ここちのよい毎日を目指します。

手軽なレジャー【我が家のお墓参り】

 

おはようございます。あすかです。

お彼岸の3連休も終わって、季節は春に移りましたね。

実家のお墓参りにも行ってきました。

今日はその時のお話です。

 

 

お墓のある場所

 

私の実家は、田舎です。

そして、さらに田舎というか、山奥に、

実家のお墓はあります。

十年ほど前に、新しく、車の通れる道も

できたのですが、今回のお墓参りでは、

うちの父親が昔歩いて上っていたという、

獣道みたいな道を、子どもと3人で

上がっていきました。

 

その写真がこちらです。

f:id:aasuka:20160321223430j:plain

先頭を行っているのが7歳の長女。

後に続いているのが5歳の次女です。

  

ぐんぐん登っていくと、こんな道もあります。

f:id:aasuka:20160321223525j:plain

お天気がよくて、光があふれています。

 

着いたところはこちら。

山のてっぺん。

f:id:aasuka:20160321223448j:plain

青い空がまぶしいです。

 

角度を変えると、山の向こうに海が見えます。

f:id:aasuka:20160321223548j:plain

山の稜線の先にある、小さなわずかな海。

海の向こうの山の青と、空の青のグラデーションが美しいです。

 

f:id:aasuka:20160321223408j:plain

手前にあるのはみかんの木。

住んでいるところも、実家のあるところも、みかんの名産地です。

 

お墓の前でしたこと

 

 

お墓のある場所、それは様々だと思うのですが、

我が家はちょっとした遠足気分です。

山道をぐんぐん登った後は、山頂のお墓で

お線香を供え、ご先祖様に手を合わせ、

青空の下で、デコポンをむいで食べて、お水を飲んで。

 

お墓参りですから、ご先祖様の話も出てきます。

私のおばあちゃんは(子どものひいばあちゃん)は

何歳で亡くなったんだよ。とか。

この名前が、ひいおじいちゃんだよ。とか。

どうしてお墓の前にお米をお供えするの?とか。

死んだらどうなるの?とか。

 

普段は、死や、ご先祖さまや、お墓についての

話題などはでてきません。

幼いこの姉妹に、このお墓での一コマが

何かの記憶に残ればいいなと思います。

 

お墓参りの効能

子どもにとって、いや、大人の私にとっても

お墓参りは非日常です。

道中歩いて、遠足気分。

お墓の前で、先祖に思いをはせ

地域の文化を学び、

デコポンのおやつでお腹も満たす。

体も心も満たされるような気がします。

 

今度行くのはお盆でしょうか。

お盆まで待たなくても、ちょくちょく

行ってみたいと思いました。

 

 今日も読んで頂いてありがとうございました。

更新の励みになります。

押していただけると、ご先祖様も喜ぶかと…。


にほんブログ村

 

 

aasuka.hatenablog.com